【フルローンOK!】小倉北区萩崎町第1【カラーセレクト対象!】 【一戸建て】の設備・構造

お気軽にお問い合わせください。

  • 新築一戸建て

情報提供日:2020年10月18日 次回更新予定日:情報提供日より8日以内

  • 2798万円~2948万円
  • 福岡県北九州市小倉北区
  • 北九州モノレール/香春口三萩野 歩10分

ジャッジ(株)

設備仕様

  • 浴室暖房乾燥機

    浴室の100V換気乾燥暖房機。ヒートショックの予防や梅雨時の洗濯物干しに大活躍。

  • シャッター雨戸

    ひさしを兼ねた窓上部の収納ケースにシャッター雨戸を巻き上げて収納するため、戸袋が不要で外観がすっきりコンパクトに収まります。シャッターが完全に閉じると座板に設置された錠が自動施錠されます。

  • 24時間換気システム

    きれいな空気の給気と汚れた空気の排出を計画的に行う24時間換気システム。吸気排気湿気のたまりやすい部屋も常時強制的に換気することによって、結露やカビの抑制にも効果的です。

  • 複層ガラス

    居室部分の窓ガラスには2枚のガラスの間に空気層を設けたペアガラスを採用。高い断熱性と共にガラス面の結露対策にも発揮します。

  • カードキー

    カードやシールをハンドルに近づけるだけで開け閉め出来る機能。

  • TVモニター付インターホン

    手放し通話ができ、送話表示灯で送話・受話状態が確認できます。映像と音声で玄関先の様子をチェックできるモニター機能や、夜間の訪問者の顔も確認できるLEDライトを装備しています。

構造の特徴

  • 地盤調査

    外部機関に委託して地盤を一棟ごとに調査。建物の形状と建てる位置が決まってから調査を依頼し、複数のポイントで地下10mまでの地盤の固さを測定します。

  • 「ベタ基礎」工法

    より丈夫な基礎を築く為、建物の荷重を地盤へ伝える「ベタ基礎」工法を採用しています。
    上部構造に等しい床面積を持つ基礎スラブで施工します。
    基礎部分の地面から立ち上がりを400mm以上とし、幅は150mm確保します。

  • 鋼製床束

    腐食に強い「鋼製床束」で床を力強く支えています

    建物の床を支える「床束」と呼ばれる支持材に、サビやシロアリを寄せ付けない鋼製の床束を採用。従来品に比べ信頼性が高く、安心の強度で頑丈な構造を支えます。長期間の使用でも痩せず、腐らず、メンテナンス性にも優れた素材です。

  • 木造軸組工法

    木造軸組み工法」は土台、柱、梁などの住宅の骨格を木の軸で造る工法で、1000年以上にわたり、改良・発達を繰り返してきました。接合部には補強金物取り付け、床には構造用合板を使用するなど、強い耐震性・耐久性を発揮しています。

  • 耐震金物

    構造材をつなぎとめる接合部には「耐震金物」を採用。基礎・土台・柱など接合部ごとに適材適所な耐震金具を選び、構造体をしっかりと緊結します。こうした表からは見えない部分にこだわることで、地震による揺れから建物のゆがみや倒壊を防ぎ、住まい全体の耐久性を高めています。

  • 剛床工法

    横揺れに強い「剛床工法」を採用。これは構造用面材を土台と梁に直接留めつける工法で、床をひとつの面として家全体を一体化することで、横からの力にも非常に強い構造となります。家屋のねじれを防止し、耐震性に優れた効果を発揮します。


※価格は物件の代金総額を表示しており、消費税が課税される場合は税込み価格です。(1000円未満は切り上げ。)
※敷地権利が定期借地権のものは価格に権利金を含みます。
※「情報提供日」時点の内容になりますので、現時点で内容が変更されている場合がございます。予めご了承ください。
※完成予想図はいずれも外構、植栽、外観等実際のものとは多少異なることがあります。
※CG合成の画像の場合、実際とは多少異なる場合があります。
※物件特徴:販売戸数が複数の物件は、全ての住戸に該当しない項目もあります。
※0800で始まる電話番号は通話料無料です。また、サービス検証のため当該番号の利用履歴を個人が特定できない範囲で取得しています。予めご了承ください。
※完成後1年以上を経過した未入居物件が掲載される場合があります。ご了承ください。
※購入の前には物件内容や契約条件についてご自身で十分な確認をしていただくようにお願いいたします。
※土地(建築条件なし)で「建物プラン例」が表記してある時、そのプラン例は特定の建築請負会社によるもので、当該建築請負会社以外で建てた場合、同様のものが同価格で建てられるとは限りません。また建築請負会社を特定するものではありません。
※建築条件付き土地とは、土地の売買契約と建物の建築請負契約を一体にした取引方法で、土地の売買契約が先行しますが、その土地上に建てる建物の建築請負契約が成立しなければ、土地の売買契約は解除されるというものです。建築請負契約成立に向けて設計プランを協議するため、土地購入者が自己の希望する建物の設計協議をするために必要な相当の期間の交渉期間が設定され、その期間内で希望を満たすプランが実現できたかどうかにより結論を出します。なお、この期間は概ね3ヶ月程度とされています。納得のいくプランが出来ない場合は、やむを得ず期間満了前に解約することも可能。その際、支払い済みの手付金は全て返却されます。